ストレス・不眠

イライラや不眠は、脳の神経伝達機能が低下し、伝達物質の分泌のバランスが崩れるため、脳の緊張・興奮状態が過剰になり起こると考えられています。

神経伝達物質は食生活でコント口ールができるので、とりたい栄養素をバランスよく補給しましよう。

過剰なストレスや食生活の乱れが原因に

仕事がたまっていたり、
疲れたり、
思いどおりに事が進まなかったりすると

イライラしたり、眠れなくなったりします。

これは、脳の神経伝達機能の低下により、脳の緊張・興奮状態が過剰になっているからではないかと考えられています。

脳には無数の神経細胞があり、その神経細胞がセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質を放出し、情報が手足の末端まで伝達されます。

伝達物質の不足などで情報伝達がうまくいかないと、脳が興奮して抑制がきかなくなるのです。

神経伝達物質が不足する原因には、不規則な生活や食生活の乱れがあげられます。

免疫力を上げるには、イライラ・不眠の改善が不可欠なので、食事から見直してみましょう。

神経伝達物質を作る良質のたんばく質や分泌に関わるカルシウムなどの栄養素を食事に取り入れ、規則正しい生活を心がけることが大切です。