免疫力が下がる原因?

Q.免疫力が下がる原因は?

A.習慣や環境、ストレスなどで低下します。

例えば、がん患者の発病の経緯を見ると、70%が長期間にわたるストレスや過労にさらされていたという調査もあります。

また、寝不足が続くと風邪をひきやすくなるなど、不適切な食生活や生活習慣、ストレスをはじめ、日々のに生活のマイナス面が免疫力の低下の原因になっています。

免疫力低下の原因

さまざまな不調

冷えや便秘など特に女性が抱えやすい不調は、免疫力の低下を招きます。

逆に、風邪や肌荒れなど免疫力が下がることで不調を招くケースも多数あります。

食生活

偏った食事や暴飲暴食は大きな原因の一つです。

防かび剤などの食品添加物を気にせずとり続けると、活性酸素がたまって免疫力に影響します。

生活習慣

血液を悪くするニコチンをはじめ、有害物質を摂取する喫煙はNG!

薬品やサプリメントへの頼りすぎも、大切な肝臓の解毒機能を低下させます。

ストレス・睡眠不足

ストレスをためると自律神経のバランスが乱れ、免疫力がじょうずにに作動しなくなります。

睡眠不足は体の回復力を低下させる原因になります。


食生活によって免疫力の状態が決まる!

画像の説明
私たちの体は、毎日に食事からとる栄養素によって保たれています。

食べ物は、体の細胞のもととなり、エネルギー源になります。

日々の食生活によって免疫力がきまる、といってもいいすぎではありません。

というのも、野菜不足や動物性脂肪の食べすぎなど、

私たちが陥りがちな偏った食生活は、

免疫細胞を作る栄養がとれないだけでなく、免疫力の拠点となる腸内環境も悪化させ、有害物質を排除できずに免疫機能を低下させてしまいます。

いいかえれば、適切な食生活が、免疫細胞を元気に働かせる原動力になるのです。