免疫力を高める食べ方

免疫力を高める食べ方は?

  • バランス良い食事
  • 噛み方
  • 時間帯
  • 環境

などを見直してみることが重要です。

免疫力をあげるのにいちばん大切なのは、バランスの良い食事を楽しくとることです。ストレスを感じずに、楽しく食べることで、免疫細胞を活性化し、胃腸の働きも活発になります。

また、忙しい朝は朝食を抜きがち、朝食を抜きでは、頭も体も動きません。せめて1杯の水と野菜ジュースで体に最低限必要な栄養をとり、体内時計を整えましょう。




栄養バランスの良い食事に加えて強化食材を!

人間が生きていくためにはまず、三大栄養素のたんぱく質・脂質・炭水化物を正しい比率で取るのに加え、ビタミン・ミネラルを必要分摂取することが大切です。基本的な栄養素がとれていてこそ、免疫力を高める食材が有効に働く体になります。とはいっても、毎日同じものを食べ続けるのではなく、いろいろな食材を代わる代わる食べましょう。


食べ物はよく噛んで

唾液には最近の繁殖を抑える免疫効果や、消化を助けるなどの効果があります。

現代人は唾液量が低下傾向にあるので、まずは一口20~30回噛むことを心がけて食べましょう。

料理の材料を大きめに切るのも噛む回数を増やすのに有効です。


食事は決まった時間に

忙しいと不規則になりがちな食事時間。しかし食事の時間は体内時計を作る大切なポイントです。

体内時計が正常に働くと、免疫力の調整をする自律神経の働きも整い、排便のリズムも生まれます。

休日もきちんとおきて、同じ時間に朝食をとりましょう。


楽しく食事をしよう

免疫力を上げる食材も大切ですが、神経質になってストレスを感じるほど食べ続けるのは、逆効果です。

また、好きな人と楽しく食事したり、ゆっくり食事時間を取ったりすることも大切です。

ストレスのない環境でゆっくりかむことで、消化を促し、腸内環境を整えます。