疲労


疲労は体の悲鳴! 聞いてあげないと免疫力も低下する。

疲労の原因は、ストレスの影響や睡眠・休養不足が考えられます。また、食生活の乱れが関わっていいることもあります。

疲れが免疫力低下を招き、病気を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

規則正しい生活に改善して、疲労回復に努めましょう。

疲労が体に蓄積すると、体のあちこちで炎症が起こります。

睡眠や休養が不足したり、精神的な不安やストレスなどが原因で、疲れや脱力感、体のだるさを感じることがあります。

こうした状況が長期的に続くと免疫力が低下したり、生活習慣病のリスクが高まるので、ただの疲れだと安易に考えるのはたいへん危険です。

では、疲労が免疫力を低下させるのはなぜでしょう。

それは、体が疲れを感じるとホルモンのバランスが崩れ、免疫システムのバランスも崩れてしまうことが原因。

すると本来なら疲労回復に使われるべき栄養素が免疫システム回復に回されてしまうため、体の疲れが取れない状況が続いてしまうというわけです。

疲れを感じたら、疲労を回復させるビタミンB 群や有機酸、アリシンなどを積極的に食事に取り入れることが効果的。

バランスのよい食事を心がけ、免疫機能を高めましょう。