肌荒れ・口内炎


皮膚や粘膜は健康状態を映す鏡

ちよっとした不調を感じるとすぐに現れる、肌荒れと口内炎。

その原因には偏った食生活やストレス、免疫力の低下が関係しています。ビタミン類を補充して皮膚と口内の粘膜を強化しましよう。

皮膚と粘膜の免疫機能を一局めることが重要

肌がかさかさと乾燥して化粧ののりが亜心い、吹き出物ができるなどの肌の不調は、皮膚の再生サイクルの乱れやストレスなどで、皮膚の免疫機能が低下して起こるトラブル。

一方の口内炎は、過労やストレスで、口内の粘膜の免疫力が低下していると、ウイルスに感染しやすくなり発症します。

肌荒れ・口内炎を予防し改善するには、皮膚と粘膜の免疫機能を高めて健康に保つ、ビタミンA をとることが大切です。

ビタミンB2・B6 も皮膚や粘膜の再生を促進します。また、腸内の善玉菌を増やすのもポイント。

なぜなら、善玉菌が体内でビタミンB2・B6を作るので、善玉菌の減少はビタミンB2・B6 不足につながるのです。

免疫力全体を高めて皮膚と粘膜のバリアを強化する意味でも、乳酸菌や食物繊維などを食べて腸内を健康に保ちましよう。