腸内環境改善

腸内フローラのバランス改善

腸の運動を促し便秘を防ぐ

乳酸菌が腸内で増殖すると、その代謝物として、乳酸や酢酸などの有機酸が作られます。

さらに、乳酸菌の代謝物によって腸内が弱酸性に保たれると悪玉菌の増殖が抑えられ、
腸内環境が正常になります。

また、これらの有機酸が腸のぜん動運動を促し、便秘を予防します。

[check]この乳酸菌の代謝物を乳酸菌生産物質といいます。



腸内環境改善の対策

  • 不規則な生活・食生活の乱れ
  • 日々 重なったストレス

これらが原因で体調を崩します。

すると、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、

悪玉菌が増え腸の働きが低下することがあります。

こんな時に細菌性下痢を起こすことがあります。

でも、心配無用!

いつも、乳酸菌生産物質を飲むことにより

腸内の乳酸菌を増やすことを心がけると、

腸内フローラのバランスを正常化するこにより、

健康な腸を保つことができます。

こんな方にオススメ!

[check]出なくてつらい方
[check]お腹のポッコリが気になる方
[check]何をやっても出ない方
[check]自然に出したい方
[check]体重が気になる方
[check]下痢気味の方


腸内環境を改善しよう!

乳酸菌生産物質のチカラ

あなたのお腹を元気にするといわれているヨーグルトやキムチ、味噌、糠漬けなどの発酵食品。あなたは食べていますか?

発酵食品には、多くの乳酸菌が含まれています。これらの乳酸菌は腸の中で、病原菌などから体を守る善玉菌に活力を与え、からだの健康のためにチカラを発揮しています。

1日500mlの乳酸菌が必要!

 乳酸菌、ヨーグルトを摂ってもほとんど胃の中で胃酸により死んでしまい腸に届かない、と思われがちですが、それは誤解です。死んだ乳酸菌でも、お腹の中で十分に働いていたことが乳酸菌の持っているチカラを研究して分かりました。

しかし生きた乳酸菌は腸に留まって増殖できずに排出されてしまうのです。ですから、なるべく多くの乳酸菌(1日500ml位)を多種類食べる必要があるのです。

免疫力を高める乳酸菌生産物質

 これを克服したのが乳酸菌から生まれた乳酸菌生産物質

乳酸菌より、乳酸菌がつくりだしている 物質が、免疫力を高める効果をもった物質だったのです。

乳酸菌から生まれた新たなチカラは、さまざまな機能性を持ち合わせていました。

もっと読む⇒