花粉症

過剰なストレスや栄養の偏りも原因の一つです。

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉がのどや鼻から体のなかに入って起こるアレルギー性の病気です。

花粉が体内に入ると、体はまず受け入れるかどうかを判断。

受け入れないと判断した場合に、花粉に反応する物質(抗体)を作ります。

再び体内に花粉が入ったとき、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の抗体と結合し、ヒスタミンなどの化学物質が分泌され、花粉を異物とみなして排除します。

その際、免疫機能が過剰反応し、くしゃみや鼻づまりなどの症状を起こすのです。

発症の原因ははっきりとは解明されていませんが、遺伝的要素やストレス、不適切な食生活などが原因として考えられています。

花粉症による不快症状を和らげるには、食生活の改善が最も有効。

免疫異常を修正するβ ーグルカンなどを積極的に摂取し、免疫機能の正常化と体質改善を目指しましょう。